あらゆるジャンルの最新情報が全部揃う新世代情報統合紹介ショップ☆10月25日新規更新しました☆
      



 <<前の商品   次の商品>> 
HOME(ダウンロード) > 1日の30秒に運つかむカギがある

1日30秒、判断基準に慣れれば時と場と流れ読み、最悪も最高のチャンスと活かす知恵が道理の鎧を着る。
1日の30秒に運つかむカギがある

1日の30秒に運つかむカギがある

(pawa4334-D47969)
販売価格2,800円( 税込 )
カートに入れる

商品詳細

1日30秒に運つかむカギとは、元々心は白紙、語り合わなければ知恵もつかない、そこに人間の会話があるでしょう。
そこに家族の会話でも、何故どうしてと教えなければ、子供は危険も気づかない。
そこで良いクセつけなきゃ悪いクセがつく、それこそ良いも悪いも、ハンドルさばき慣れが事実でしょう。
そこで1日30秒で良いから、今日を見直し明日を決める、そこで疑問は宿題クイズと探せば楽しめる検索時代。

そこで大切なことは、情報を知ることでなく、その情報を取捨選択して、自分の必要だけ取り込む選び方。
とはいっても経験しなければ、慣れなければ分からない、そこに桃栗3年柿8年と流れが読めるか判断レベルが問題となる。
その意味と別に、鉄は雨ざらしなら3年でボロボロ、磨けば1000年も保つ、そこに道理があるでしょう。
色々な視点が、あり過ぎて迷うのは、歴史の中に判断基準という、言葉がなかったことでしょう。
そこで今回、明確に、どんな時でも役立つ瞬間の判断基準と提案させていただきます。
最低の知恵の基本、難しいようで掛け算の九九と同じ、覚え馴れれば簡単と申し上げておきます。

何でも慣れれば見る目も変る、運もシャッターチャンスのタイミング、と気づいてもカメラが無ければ写せない。
今やパソコン検索ビデオと、デジタル進化して舌妙まで、見えるが情報も多過ぎ見分ける判断規準が無いことが問題でしょう。
そこに瞬間でも、たった5視点の、とらえ方など参考にして頂ける内容の本です、自然の現実を活かす道理の参考書です。

ちょっと面白い視点で仏教を見てみましょうか。
本来仏教は、仙人が多い時代の奇術に、迷わされる人々を見て、王位まで捨て道理を説き始めた仏陀。
 経文も教育のない時代に、目標すら分らないレベル、唱える言葉から意識教育という画期的な手法をとったのでしょう。
 時によりレベルにより場により流れにもよる、取捨選択の定義、その素晴らしい生命の九九、流動の読み書きソロバン科学の基本でしょう。

現代にも通じ希望あっても、予算レベルと理解の協力者など、可能性を探す人と、アキラメル人と天地の差も事実。
人生すべて悩みの開拓、冒険でありクイズと楽しむか、ひがみとグチで悲哀とするか、因も縁も活かすだけ。

改めて情報も道理も知るだけでない、それはカーナビあっても使い方、道理を知って活かすだけ、そんな参考にして頂ければ幸いです。
 悩み開くカギや幸せの刻み方に、つながりヒントと分かれば、心の霧も晴れるでしょう。
人々がイエスマンしている間に、自分の個性を磨き慣れれば、1万人のゴボウ抜きもカンタンな道理。
 落ちこぼれも、道理を知らないから引きこもる、人生は道理が分かれば、心にスイッチが入り走りだす。
改めて心は白紙、その心に何を描くか、心配するより不足カバー探すだけ、そこに気付けば今からでも遅くない。

 それは私自身が疑問の人生で終わるのかと、50代まで悩み無念さを感じていました。
それがパソコンで、ようやく本音を語り残せる事に、気づき今は喜びに変わりました。

最後に未だ誰も言わなかった、それは命に刻む希望の描き方、生命の傾向性という自然の道理、それが語れる最高の幸せ者です。


出品者 浅野共市
販売日 2010/10/14
 

1日の30秒に運つかむカギがある

(pawa4334-D47969)
販売価格2,800円( 税込 )
カートに入れる
Copyright © 2010 INFO All rights reserved