あらゆるジャンルの最新情報が全部揃う新世代情報統合紹介ショップ☆10月25日新規更新しました☆
      



 <<前の商品   次の商品>> 
HOME(ダウンロード) > M&A式割安株投資法

100円で売れる株を50円で買って儲けよう
M&A式割安株投資法

M&A式割安株投資法

(dominioncm-D23636)
販売価格29,800円( 税込 )
カートに入れる

商品詳細

その株買うべきか?
当たり前の話ですが、株式投資で儲ける方法は、
安く買って高く売る事です。
当たり前すぎて申し訳ありません。
という訳でみなさまに質問です。
あなたは、何を基準として株価の安い高いを判断しているのですか?
株価の値段ですか?
過去の高値や安値ですか?
チャートでですか?
そこでもう一つ質問です。
今までの判断で儲ける事ができましたか?
相場の世界8割は損をしてると言いますから、これを見ている8割の方は損しているでしょう。
そこで1つ提案があります。
会社の値段を計算して、その価格と今の株式市場での株価とを比較して
明らかに会社の値段が株価より大幅に安い銘柄の株を買いませんか。
と言う提案です。
つまり、本来は10万円の価値がある会社なのに市場では1万円で売買されている。
いずれは10万円の値段が付くだろうから、とりあえず買っておこう。
その内誰かが本来の価値に気付いて買うだろうから、その前に買って気長に本来の価値に戻るまで保有しよう。
と言う意味です。
という訳で、本書の内容は買収ファンドなどが使っている会社の価値の計算方法を
誰にでも簡単に(四則演算が出来る方が対象です)出来るような内容になっています。
本書を読めば、本来1万円の価値しかない企業を30万円で買って儲けようという
意味不明な欲に駆られてする投資とは無縁の投資家になれます。
ついでに言いますと、今流行りの買収ファンドはこの計算式を知っているからTOB銘柄をプレミアム価格で買い集める事が出来るのです。
当然ですが、買収ファンドはTOB銘柄の本来の価格が買収価格よりはるかに高い
事を知っています。
ですから、彼等は大儲け出来るのです。
という訳で、彼等だけ大儲けさせるのもなんですから、私達も買収ファンドと同じやり方で儲けましょう。


出品者 今野貴弘
販売日 2007/11/14
 

M&A式割安株投資法

(dominioncm-D23636)
販売価格29,800円( 税込 )
カートに入れる
Copyright © 2010 INFO All rights reserved