あらゆるジャンルの最新情報が全部揃う新世代情報統合紹介ショップ☆5月1日新規更新しました☆
      



 <<前の商品   次の商品>> 
HOME(ダウンロード) > 予約に繋がるサロン集客のための文章&記事の書き方

リピート率の高い新規集客ができる遠藤流文章術です。
予約に繋がるサロン集客のための文章&記事の書き方

予約に繋がるサロン集客のための文章&記事の書き方

(pista-D70153)
販売価格19,800円( 税込 )
カートに入れる

商品詳細

・文章を書くのが苦手……文章力が無くて
・集客のために何をどう書いていいのかわからない
・情報発信は頑張っているけれど、いつまで経っても予約が入らない
・アクセス数はあるけれど、全然予約が入らない
・情報発信するネタがなくなってしまった、見つからない
・記事を書くのにすごく時間がかかる
・情報発信をしていて、全然楽しくない

このようなお悩みの声を多く頂きます。



文章というのは、基本的には誰にでも書けるものです。
しかし『サロン集客のため』と考えると、どう文章を書いていけばいいのか、わからなくなってしまう方がたくさんいます。

お客様に「行きたい!」と思わせるような、文章や記事の書き方がわからないんですね。

そんな悩みを抱えたあなたのために、現役アロマセラピストの遠藤が、『集客できる文章の書き方』をお伝えします。

『予約に繋がる文章&記事の書き方セミナー』詳細



●サロン業界の現状と日本社会の状況について

サロン業界の現状を正しく把握し、私たちを取り巻く日本社会はどのような状況にあるのか?を理解して頂きます。

理解して初めて、集客に繋がる文章を書くことの「第一歩」を踏み出すことができます。

今、サロン経営でどのような情報発信をすることが、集客において効果的なのか?ぜひ知ってください。



●これからのサロン経営の概要

ターゲットとサロンの関係性は、第三段階を迎えています。

第一段階目は対立関係で、ターゲットのニーズを捉え、それに応じた技術やサービスを提供すること。

第二段階は、ライバルサロンが増え、USPと言われる「強み」を打ち出し、差別化を図り選んでもらうこと。

そして、今、第三段階にあります。キーワードは「多様性」「コミュニティ」「オリジナリティ」です。

これからのサロン経営や集客において必須とされる「3つの情報発信」とは何か?

また、どのような態度で情報発信すれば、リピート率の高い新規集客が実現できるのか?



●集客とは何か?

集客のための文章&記事の書き方ですので、そもそも集客を理解していないといけませんね。

集客は、3つの要素の掛け算で構成されています。その要素のどれか一つでも欠けていたら、集客はできません。



●「誰に」書くか?

文章や記事は、「誰に」書くか?を一番最初に考えなくてはいけません。

ターゲットとは誰なのか?どのように決めるのか?

ターゲットの効果的なリサーチ方法は?なぜリサーチが必要なのか?

ターゲットも含め、自分のサロンをより深く知るために何をすればいいのか?をお話しています。



●「何を」書くか?

リピート率の高い集客の為に書くべき「7つの概念」について、お伝えしています。

また、新規集客な「9つの記事」にも言及しています。メニューとかですね。

日々、情報発信をするときに「何を」書くかについても話をしていますので、もう悩むこともなくなるはずです。



●「どのように」書くか?

読みやすい文章を書くには?また、わかりやすい文章を書くには?という超基本について。

さらには、サロンに行きたくなる文章に必要なことは何か?

「キーワード」とは何か?

キャッチコピーの考え方と作り方について。



●「何を」「どう」書くか?

メニュー記事や、プロフィール記事、入店からの流れの記事などは、どのように書くのか?

全てに文章例を添えて、解説しています。

インパクトを残し、記憶に残る「ストーリー」という表現技法について。

「感情」について。

新規のお客様の声、リピーターのお客様の声は、どのように書くか?

ターゲットが読んで行きたくなる書き方とは?

プロとしての信頼感に繋がる書くべき記事とは?

オリジナリティ=自分の出し方

キャンペーン記事の役割と、書き方

SEO(検索上位表示)されるためには、何を意識すればいいのか?

推敲はただ誤字脱字を見つける作業ではありません。推敲ですべき唯一のこととは?

あなたにしか書けない文章とは?

お客様の心に響く文章を書くために必要なマインドとは?

集客の極意とは?

文章力&表現力を向上させるには?

日々積み重ねていく文章が、集客できるかどうかのカギになります。
「なんとなく」記事を書くのではなく、お客様のために意図をもって書くことで、予約に繋がっていきますよ。

遠藤の真骨頂ですので、ぜひ遠藤流の文章術を学んでくださいね。



●セルフブランディング(自分を出す)とは、何をどう表現することなのか?

サロン集客で1、2番を争うくらいに大事な「サロンオーナー」について。
つまり、自分自身についての情報発信をする必要があると考えています。

しかしながら、ただ自撮りやプライベートをさらすだけでは、ブランディングには繋がりません。
「『あなたの』サロンに行きたい!」と思ってもらえる情報発信は、どうすべきか?をお伝えします。

が、メインの内容となっております。


出品者 遠藤厚
販売日 2019/08/25
 

予約に繋がるサロン集客のための文章&記事の書き方

(pista-D70153)
販売価格19,800円( 税込 )
カートに入れる
Copyright © 2010 INFO All rights reserved