あらゆるジャンルの最新情報が全部揃う新世代情報統合紹介ショップ☆10月18日新規更新しました☆
      



 <<前の商品   次の商品>> 
HOME(ダウンロード) > エムレポートの「携帯電話事業者各社の設備投資動向と今後の展望」

エムレポートが国内の携帯電話事業者における設備投資に関する動向をまとめました。
エムレポートの「携帯電話事業者各社の設備投資動向と今後の展望」

エムレポートの「携帯電話事業者各社の設備投資動向と今後の展望」

(tarod-D37634)
販売価格21,000円( 税込 )
カートに入れる

商品詳細

国内事業者の2000年度以降の累積投資額は12兆円を突破
これまで国内事業者各社は携帯電話ネットワークの構築などに多額の設備投資を行ってきた。NTTドコモなどは2000と2001年度に単独で1兆円を超える投資額を投下している。国内最大手のNTTドコモは事業規模も大きく、国内の携帯電話市場を牽引してきた自負もあるため、インフラ投資には他の追随を許さない。一方、KDDI(au)やソフトバンクモバイルも過去に3,000億円超の投資を行っており、KDDI(au)に限れば、現在は2GHzと新800MHz帯向け投資が山場に差しかかり、投資額は4,000億円弱にまで拡大している。


出品者 大門太郎
販売日 2009/02/27
 

エムレポートの「携帯電話事業者各社の設備投資動向と今後の展望」

(tarod-D37634)
販売価格21,000円( 税込 )
カートに入れる
Copyright © 2010 INFO All rights reserved