あらゆるジャンルの最新情報が全部揃う新世代情報統合紹介ショップ☆11月22日新規更新しました☆
      



 <<前の商品   次の商品>> 
HOME(ダウンロード) > オンライン物販 > EnjoyGolfLessons PART.4

延べ15万人のアマチュアを指導、名プレーヤーを多数育てたプロが、秘伝のゴルフ練習法を遂に公開!
EnjoyGolfLessons PART.4

EnjoyGolfLessons PART.4

(kogabon-S47140)
販売価格4,940円( 税込 )
カートに入れる

商品詳細

FAR and Sure!”「より遠くへ、より正確に」−。ゴルファーなら誰でもドライバーショットに対して、こう思い描くでしょう!

 そして、そのための結論は「合理的なスイングをする」です。


今回は「飛距離アップ編」としてこの合理的なスイングについて詳しく解説します。


クラブを速く正確に振るためには、軸を中心としたシンプルな円運動を形成することが、最も重要な課題です。スイング軸を中心に体が回れば、その回転に引っ張られるように腕が振られる、これが無駄を排除しエネルギーロスの少ない合理的なスイングなのです。



プロゴルファーの写真を見て、目についたヒトコマの形を真似しようとしたことはありませんか?
心当たりがある人も多いはずです。


しかし、いきなりハンドファーストのインパクトの形を意識してもうまくいくはずがありません。右に抜けるような球が出て、これはプロだけができる技術、自分には無理なんだとすぐに投げ出してしまい、また自己流に戻る、そんなケースが多いように感じます。

でもうまくいかないのは当然なのです。ゴルフスイングというのは、アドレスからフィニッシュまで、一つの流れでつながっているのです。いいフィニッシュをとるためには、フォロースルーがよくなければなりません。いいフォロースルーをとるためにはインパクトがよくなければならない・・・・。こうしてすべての部分は、その前の部分を土台にしてできあがっているのです。つまりハンドファーストのパワーインパクトの形を身につけたければ、その前のトップ、バックスイングアドレスといった部分がよくなければできないのです。


そして、最終的に最大限の飛距離を得るためには、やはり腰のターンにリードされてスイングできるようになることです。


ところがアマチュアの90%以上はいわゆる“手打ち”といっていいと思います。ダウンスイングをしっかり下半身から切り返せる人はほとんどいないでしょう。


切り返しの瞬間に、手や右肩が先に前に出るために、トップでせっかく上半身と下半身に捻転差をつけても、これでは上半身が先に動き始めますから、ダウンスイングでは下半身に追いついてしまい、一緒にターンすることになる。スイング軌道は確実にアウトサイドイン軌道になってしまいます。それでも熟練してしまえば、アウトサイドイン軌道でボールをコントロールしてスコアメイクは出来シングルになることもできるでしょう。



しかし、これでは自分のパワーを最大限に生かして、最大限の飛距離を獲得することも、より精度の高いショットをすることも出来ないのです。


今回の内容はこの「腰のターンにリードされてスイングできるようになること」のために必要な事柄を詳しく説明しました。つまり腕や上体をワンテンポ遅らせて、レートヒットするための感覚を身につけるための練習方法です。



出品者 有限会社バジック
販売日 2010/09/02
 

EnjoyGolfLessons PART.4

(kogabon-S47140)
販売価格4,940円( 税込 )
カートに入れる
Copyright © 2010 INFO All rights reserved