あらゆるジャンルの最新情報が全部揃う新世代情報統合紹介ショップ☆10月25日新規更新しました☆
      



 <<前の商品   次の商品>> 
HOME(ダウンロード) > エムレポートの「端末メーカ各社の国内動向−2008年度上期−」

エムレポートが携帯電話端末市場における国内メーカ各社の国内動向をまとめました。
エムレポートの「端末メーカ各社の国内動向−2008年度上期−」

エムレポートの「端末メーカ各社の国内動向−2008年度上期−」

(tarod-D38280)
販売価格41,790円( 税込 )
カートに入れる

商品詳細

市場低迷ながらもシャープは首位を堅持
2008年度上期における携帯電話端末の国内出荷台数は、シャープが第2位のパナソニック モバイルコミュニケーションズに120万台以上の差を付けて首位を堅持した。一方、パナソニック モバイルや日本電気(NEC)も現在では回復傾向にあり、NECは第3位に返り咲いている。また、富士通も「らくらくホン」の好調を背景に第4位を獲得した。


出品者 大門太郎
販売日 2009/04/01
 

エムレポートの「端末メーカ各社の国内動向−2008年度上期−」

(tarod-D38280)
販売価格41,790円( 税込 )
カートに入れる
Copyright © 2010 INFO All rights reserved