あらゆるジャンルの最新情報が全部揃う新世代情報統合紹介ショップ☆11月22日新規更新しました☆
      



 <<前の商品   次の商品>> 
HOME(ダウンロード) > エムレポートの「基地局関連メーカ各社の動向−2008年度通期−」

エムレポートが携帯電話事業者や基地局関連メーカ各社の戦略や今後の動向をまとめました。
エムレポートの「基地局関連メーカ各社の動向−2008年度通期−」

エムレポートの「基地局関連メーカ各社の動向−2008年度通期−」

(tarod-D40009)
販売価格41,790円( 税込 )
カートに入れる

商品詳細

08年度通期はドコモとSBMが投資縮小するもauは投資拡大
2008年度通期の設備投資額はNTTドコモが前年度比2.8%減となる7,376億円、KDDIのau事業は同10.3%増の4,321億円、ソフトバンクモバイルが同15.4%減となる1,991億円、イー・モバイルは同59.6%減の397億円になった。それに伴い、通期は携帯電話事業者4社で合計1兆4,085億円の投資が実施されている。


出品者 大門太郎
販売日 2009/07/01
 

エムレポートの「基地局関連メーカ各社の動向−2008年度通期−」

(tarod-D40009)
販売価格41,790円( 税込 )
カートに入れる
Copyright © 2010 INFO All rights reserved