あらゆるジャンルの最新情報が全部揃う新世代情報統合紹介ショップ☆10月18日新規更新しました☆
      



 <<前の商品   次の商品>> 
HOME(ダウンロード) > 小さな美容室の売上げアップ大百科(チラシとニュースレターを変えただけで新規客売上げ1328万円を叩き出したヒミツを大公開!!)

小さな美容室の売上げアップ大百科
小さな美容室の売上げアップ大百科(チラシとニュースレターを変えただけで新規客売上げ1328万円を叩き出したヒミツを大公開!!)

小さな美容室の売上げアップ大百科(チラシとニュースレターを変えただけで新規客売上げ1328万円を叩き出したヒミツを大公開!!)

(kamikobo-D42945)
販売価格12,800円( 税込 )
カートに入れる

商品詳細

とある美容室。開店を間近に控えたサロンだった。



スタッフは、経験豊富で、腕がよかった。



そう、オーナーは、そんなスタッフを、ようやく探してきたのだから。



建物の、外観はオシャレなガラス張り。



内装は、吹き抜けに、天窓を配置し、日の光がやわらかく差し込む。



床材は落ち着いた木目調。



内壁は清潔感漂うホワイト。



鏡は2メートルを越え、セットイスに座ると、



高さのある吹き抜けの空間が目に飛び込む。



オシャレには、最大限気を使い、満足のいくサロンになった。



オープン当日には、チラシを数万枚新聞折込、5回。



それと、地域情報誌の5社に広告を掲載。



広告費用、合計金額100万円超。






準備は万全。



いよいよオープン当日の朝を迎えた。


次々お客さまが来店し、店は大繁盛。


・・と思っていた。


しかし・・・思いもよらない事態に直面することになる。






ブラインドを開けて、さあ開店!!



ガラーンとした店内。



待ちに待ったお客さまは、来る気配がない・・・



「えっ、どういうこと??」



オープン初日が終了。



結局、ポツリポツリとしかお客さまは来なかった。

そんな、オープン早々不安の船出。。





次の日、そして次の日と、同じように、



お客さまの来店は、パラパラ・・。



1週間、2週間・・・



気がつくと1ヶ月が過ぎようとしていた。



売上げは、完全な赤字。



このまま続けるわけにはいかない。



「何とかしなければ・・・。」



わたしは、それ以来、毎日毎日頭を抱えることとなった。



いくら考えても名案は出てこない・・。



なぜならば、



オープン数ヶ月前から、建築専門業者と打ち合わせをし、



オシャレな建物も立て、ベテランの技術者を探し、おもてなしの教育も研修し、



専門の広告業者に広告チラシを依頼し、広告に多くの経費を使い・・・





これだけ準備を整え、赤字とはいったいどういうことなのだ・・・。



「しかし、何か手を打たなければ、いったいどうしたらよいものか・・。」





わたしの中では、美容室オープンに向けて、思い浮かぶことは



全てやりきってしまった・・・。


そう考えた私は、値下げに踏み切った。



キャンペーンを打っての安売り。



本来、これだけは絶対したくはなかったことだ。



しかし、このままでは、お客さまの増える見込みがない、、、



やむ終えないと判断し、



「50%OFF!!」と大きな文字で書いたチラシを広告会社に依頼し、

再度制作し折り込んだ。





さて結果は、、、





安売りチラシを出したその日の朝から、電話は、ジャンジャン鳴り、



その月は、あっという間に予約でいっぱいになった。



しかし、通常価格に戻った次の月には、それまで以上に客足は落ち込んだ。



あわてて、次の月も安売りチラシを増刷し、朝刊に折り込んだ。



すると、又お客さまが来る。



次の月には又同じ現象が起こった。



閑散とした1ヶ月が訪れるのだ。



またまた、安売りチラシを入れる。



この繰り返し。





しかし、安売りでは、満足な利益がとれない。



こんな日々をすごしながら、心底めいっていった。



こんな不安定な経営を続けていくわけにはいかない・・・。





そんなある日、



帰りがけに、立ち寄った書店。



ふと目に入ってきた本があった。



「お金をかけずに、安売りもせずに、

お客さまをゾクゾク集める方法!」



このような見出しの本。



信じられるだろうか?



ここ1年で経験してきた自分には、目を疑う内容だった。



「こんな虫のいい話あるわけない!」



私はにわかに信じられなかったが、

わらにもすがるような思いだった私は、



思わず、手に取り、自宅に帰りその本を読んだ。



1行1行食い入るようにのめり込んだ。



思わず私は・・・



「これだ!!!!!!!!」



と、その場で立ち上がっていた。



私はすぐに、この著者の主宰する実践会に入会した。

数日後、送られてきた教材を夢中になって、読みふけった。

私はすぐに、教材に書いてあることを自分の美容室に当てはめ、実行を始めた。





そしてその実践会の提唱する「あること」に力を入れはじめた。





ここから、不思議なことがおこりだす。

なんと、お店の売上げが、回復し始めたのです。



一気に回復するわけではないけれど、確実にジワジワと売り上げは上がり続けた。



―そして半年後。



店は、オープン当初の安売りで集客した



あの忙しかった客数を上回るまでに、回復していいた。






この実践会の勧める「あること」を始めただけで



私の美容室では、大きな変化が起こり始めたのです。



オープン当初の同じスタッフが、

同じ店で、

同じ技術のカット、パーマ、カラーを、

価格を戻し、安売りではない価格で、

そして、同じ接客で提供した。



にもかかわらず、

客数は、ジワリジワリと上がり始めたのです。



そう、実践会の提唱する「あること」をしただけで、



売上げは大きく回復してきたのです。


ここには一体、何の違いがあるのか?

はたして、その理由は・・。


それは『売り方』に違いがあるということなのです。

以前の私は、建物のオシャレさ、美容の技術にだけフォーカスしていた。

だから、店のオープンのとき、きれいなお店で、

技術の良いスタッフがそろっていれば、



店の運営は、順調にいくと思っていたのです。


しかし、安売りで、もがき苦しんだ後の私は違ったのです。



後の私は、サロンの「売り方」にもフォーカスするということを知ったのです。



出品者 青木満
販売日 2009/12/19
 

小さな美容室の売上げアップ大百科(チラシとニュースレターを変えただけで新規客売上げ1328万円を叩き出したヒミツを大公開!!)

(kamikobo-D42945)
販売価格12,800円( 税込 )
カートに入れる
Copyright © 2010 INFO All rights reserved